吉田良一郎さん 三味線の稽古後食べた「サンマの煮付け」

公開日: 更新日:

 三味線奏者といえば吉田兄弟。1999年にアルバム「いぶき」でメジャーデビュー以来、三味線の世界を引っ張ってきた立役者だ。

 北海道・登別出身の吉田兄弟の兄・良一郎さんが三味線を始めたのは5歳の時。指導、監督したのは、あるキッカケで三味線のとりこになったサラリーマンの父・誠一さんだった。夢を息子に託したのだ。練習は厳しく、毎日続いた。

「勉強しろとは言わないけど、三味線は毎日練習をしろってうるさい。夕方になると家の2階から父親が帰宅するのをじっと見守っていました。姿を見つけると『帰ってきた!』と言って、後から三味線を始めた弟(健一=39)と大急ぎで三味線を取り出して練習していたフリをするんです。母親は僕たち兄弟の味方をしてくれて、『ちゃんと練習していたわよ』って言ってくれて(笑い)」

 父親の役割は息子たちに猛練習させること。一方、母の良子さんの役割はお金の工面をすることで、三味線や着物を準備してくれたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る