川中美幸さん フライパンから“ハフハフ”食べたお好み焼き

公開日: 更新日:

「ふたり酒」「二輪草」などほっこりする夫婦演歌といえばこの人。歌手の川中美幸さん(63)だ。母・久子さんは夫・武雄さんと夫婦演歌さながらに添いとげ、2017年秋、胃がんで亡くなった(享年92)。

「明るくてかわいい母でした。人といるのが好きで、どこにいても笑い声に囲まれていました」

 久子さんは渋谷で「お好み焼きかわなか」を経営。中学2年の時、川中さんが育った大阪・吹田で店を始め、1987年に川中さんが東京へ両親を呼び寄せた後は翌88年から町田、渋谷へ店を移しながら、89歳まで店に立っていた。

「自分の店を持つのが母の夢で、店を始めてから働きづめでしたから、東京ではそれまでやれなかったことをやってもらいたくて、最初は店をやっていなかったんです。でも、東京へ来て半年で父が亡くなり、それからは私の帰りを待つ生活になってしまって。これはよくないと思って、お店をやるよう勧めたんです。おかげさまで渋谷の店は繁盛しました。母はみんなのおふくろみたいな感じで、お客さんが体調が悪いっていうとメニューにないおかゆを作って出したりしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る