サンマの秋に…水産大手2社マルハニチロと日本水産を比較

公開日: 更新日:

 高騰を続けるサンマの小売価格。一昨年、昨年ほどではないにせよ、まだまだ庶民の味と言えるほどまでに価格は落ち着いていません。魚資源の減少と日本人の魚離れもあり、日本の漁獲高はピーク時の1988年の約1200万トンから現在は3分の1の約400万トンまで大きく減っています。今回の損得は水産大手の「マルハニチロ」と「日本水産」の社員待遇を比較してみます。

 マルハニチロは東京・豊洲に本社を置く会社で、2007年にマルハ(旧大洋漁業)とニチロ(旧日魯漁業)の経営統合で誕生しました。すでに一般庶民には冷凍食品の会社のイメージが強いですが、漁業・養殖事業の割合は年々縮小し、グループ全体では流通、牛豚鶏を含む加工事業の会社の色彩があります。

 対する日本水産は同西新橋に本社を置き、やはり水産より食品事業が上回ります。90年代前半で遠洋漁業からは撤退し、割合としては低いですが、ファインケミカル事業も手掛けています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る