高温大好きスルメイカ 地球温暖化なのに水揚げ激減のナゼ

公開日: 更新日:

 北海道近海で1日、解禁されたスルメイカ漁。3日、今シーズン初の水揚げが、函館漁港で行われた。不漁続きの中、水揚げ量は懸念された通り、約1.4トンと昨年同様、少なかった。

 スルメイカの漁獲量はここ数年激減している。「毎年、大幅なペースで減っています。昨年は過去最低でした」(水産庁)。農水省の統計によると、2011年は24万トンだったが、15年12万トン、16年7万トン、17年6万4000トン、昨年は4万6000トンとジリ貧だ。ここ数年で6分の1に減っている。

 不漁で思い浮ぶのは、地球温暖化。低温好きのサンマは水温が上昇した日本近海に寄り付かなくなり、不漁が続く。東京湾で養殖されている江戸前海苔も今年、冬の水温が1~2度上がり、成育に影響を及ぼし、過去最低の生産量となった。

 ところが、スルメイカは高温好き。温暖化は“歓迎”のはずだ。なぜ激減しているのか――。漁業環境をウオッチしている「漁業情報サービスセンター」に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  8. 8

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  9. 9

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る