動いた! 川に水没し1年3カ月で見つかった“奇跡のスマホ”

公開日: 更新日:

 スマホが川に水没。中には、亡き父の最後のテキストメッセージが。すべては失われたように思われたが……。

 米ABCニュース(9月25日付電子版)などによると、サウスカロライナ州に住むエリカ・ベネットさん(39)は昨年6月19日、同州リッジビルのエディスト川でラフト(ゴム製のボート)に乗り、川下りをしていた。が、防水ケースに入れ、ラフトにひもでくくりつけておいたiPhoneがないことに気づいた。

 すぐに夫が川をさかのぼって探してくれたが、結局、見つからず。

 iPhoneには、その月、63歳でがんで亡くなったエリカさんの父親が送信した最後のテキストメッセージも入っていた。バックアップはまだ取っていなかった。

「それが本当にこたえました。もう二度と父のメッセージを読むことができないんだなあって。写真もメッセージも全部、川の底に沈んじゃったんだ、と思ったのを覚えています」とエリカさん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る