母国に恩返しを!給与25%減を申し出た米医師の幸福の定義

公開日: 更新日:

 ボランティア活動の時間を確保したいから――米国の優秀な神経外科医が、給与25%ダウンを申し出て話題になっている。

 CNN(10月4日付電子版)などによると、この医師はオラワレ・スライマン医学博士(49=写真)。ルイジアナ州ニューオリンズにあるオクスナー神経科学研究所の神経外科部長だ。

 オラワレさんは西アフリカのナイジェリア出身で、1カ月に12日間、母国でボランティアの医療活動を行っている。そのために25%減給を申し出て、雇用契約交渉を行ったのだ。

 10人きょうだいの1人としてナイジェリア南部のラゴスの貧困地区で生まれ育ったオラワレさんは成績優秀で、19歳の時、ブルガリアで医学を学ぶ奨学金をナイジェリア政府から得ることができた。そして、その奨学金のおかげでさまざまな可能性が広がり、医師として活躍することができたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る