木下優樹菜も…? ウザい上司系の年上夫は妻に捨てられる

公開日: 更新日:

「アンタに言われなくても〈全部自分で判断してできるわ!〉って思うんですよね。夫は細かいことばっかり気になるくせに、親戚や近所付き合いとか家事とか、肝心なことはナ~ンもやってくれない。〈こいつ、仕事できねえだろうな〉とも思うようになり……次第に夫が小さいヤツに見えてきて、私から離婚を切り出しました」とA子さん。

 フジモンのように年の差カップルとまではいかなくても、そもそも日本では男性が年上の夫婦が多い。

「女性は出会った頃より成長する。それに気づかないと、熟年離婚の危機もあります」と指摘する公認心理士の潮英子さんが、こう続ける。

「仕事一辺倒の男性と異なり、女性は仕事以外にも子育てや地域間でのいろんなやり取りもあり、経験をどんどん積んでいく。ところが、男性は、出会った頃のままの上から目線。妻にとって、かつては“頼れる上司”だったのが、現在は“ウザい上司”に変わっていることに気づいていない。カウンセリングをしていると、離婚には至らなかったものの、妻と子どもに結託され、家庭で居場所を失ってしまった夫は、珍しくありません。“濡れ落ち葉”って今も多いんだな、とよく思います」

 熟年離婚を回避するには、今さら妻の“かわいい部下”になるのは無理でも、せめて“親しい同僚”レベルを目指すしかない。頼れるものは妻に頼り、妻の愚痴には付き合い、してもらったことには「ありがとう」と礼を言う。寂しい老後が嫌なら、生まれ変わるべし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る