サハ共和国 息が白く舞いパラパラと音を立てて凍っていく

公開日: 更新日:

 サハ共和国はロシア連邦を構成するひとつの共和国です。首都ヤクーツクから陸路で2日間かけて向かった先は、世界で一番寒い村のオイミャコン村。人口は約500人、冬場の気温はマイナス60度にもなり、まるで冷凍庫の中で生活をしているようです。

 絶景写真は、首都から向かう道程で撮影しました。夏はほぼ白夜ですが銀世界のため、紫色の幻想的な世界を生み出します。

 生活するのは白銀の静寂な世界。何もかもが凍りつき、香りもほとんどありません。息を吐き出せば、それが白く舞い、パラパラパラと音を立てて凍っていきます。

 定住旅行で宿泊したお宅は、バケツにためた水を生活用水として使用していました。水道管が凍結してしまうため、水道網の整備ができないのです。日本のような水洗トイレだって、もちろんありません。用を足すのは外のトイレ。使いたくなった時は、着込むところから始めます。トイレでは掘られている穴に向かって排泄(はいせつ)するのですが、回数を重ねると、だんだんと盛り上がって小山になってしまいます。でも、まったくの無臭。何しろ、すぐに凍結しますのでね。

 マイナス40度以下の環境では、ウイルスも菌も存在しないそうです。だからトイレが汚染されて感染するということもないのです。

 そのような村なので、マイナス40度くらいの“暖冬”になると、風邪をひく人が出てくるそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る