イラン自然遺産に登録されている60以上の見ごたえある滝群

公開日: 更新日:

 2012年から、年間の半分は単身で定住旅行をしている。写真はイラン北西部、イラクとの国境近くにあるホラマバード近郊のビジュへ滝だ。

 ◇  ◇  ◇

 イラン自然遺産にも登録されているこの滝は、数えれば60以上もあり、それぞれに見ごたえがあります。写真の滝は、落差48メートル、幅20メートルくらいあるでしょうか。残念なことに年々、地球温暖化の影響を受けて自然環境破壊が進行し、素晴らしい滝群が小さくなっているようです。

 これまで定住旅行した国は50カ国。103の家庭で暮らしを体験させてもらいました。さまざまな地域に行きましたが、最も治安がよかったのがイランで、旅の初心者にもおすすめの国です。砂漠の国という印象があるかもしれませんが、実際には自然が豊富。スキーリゾートもあるくらいです。親日家も多く、ある日、タクシーに3回乗車をしたら、3回とも運転手さんが「日本から来たのか。イランを楽しんで!」と歓迎してくれ、タクシー代を払わせてもらえませんでした。「徳を積む」といったイスラム教の善行だそうです。人懐っこさを感じる国民性がありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る