巨大な福建土楼は衛星がミサイル基地と見間違う美しい円形

公開日: 更新日:

 中国・福建省といえば烏龍茶が思い出されるかもしれませんが、お伝えしたい絶景は「福建土楼」です。

 漢民族のうち客家(ハッカ)と呼ばれる人々が主に築いた巨大な共同住宅で、外敵との争いに備え、高く厚い壁で覆われています。入り口は1つのみ。上層階に攻撃用の狭間(小窓)がある要塞のような造りが特徴的です。中庭に井戸を設けて家畜を飼い、穀物を備蓄することで長期戦にも対応していたというから驚かされます。

 写真の通り、死角が生じないようにきれいな円形をしたものが多いのですが、その美しさたるや、衛星からの写真を解析した米国がミサイル基地と見間違えたという笑い話もあるほどです! 

 住居の要塞化が進んだ背景にあるのが移民問題だといわれます。中国北東部から移ってきた客家が増えるにつれ、現地民との間でいざこざが増したため、一族単位で土楼を築いたそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る