巨大な福建土楼は衛星がミサイル基地と見間違う美しい円形

公開日: 更新日:

 中国・福建省といえば烏龍茶が思い出されるかもしれませんが、お伝えしたい絶景は「福建土楼」です。

 漢民族のうち客家(ハッカ)と呼ばれる人々が主に築いた巨大な共同住宅で、外敵との争いに備え、高く厚い壁で覆われています。入り口は1つのみ。上層階に攻撃用の狭間(小窓)がある要塞のような造りが特徴的です。中庭に井戸を設けて家畜を飼い、穀物を備蓄することで長期戦にも対応していたというから驚かされます。

 写真の通り、死角が生じないようにきれいな円形をしたものが多いのですが、その美しさたるや、衛星からの写真を解析した米国がミサイル基地と見間違えたという笑い話もあるほどです! 

 住居の要塞化が進んだ背景にあるのが移民問題だといわれます。中国北東部から移ってきた客家が増えるにつれ、現地民との間でいざこざが増したため、一族単位で土楼を築いたそうです。

 土楼群へは、最寄りの都市アモイからバスで4時間程度。アモイへは日本から直行便も出ています。土楼を築く場所は風水によって決められており、あちこちに散在しているため、現地ツアーを利用するのがいいでしょう。いまだに生活が営まれている土楼もあり、宿泊可能なものもあるので、1泊してみるのがおすすめです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍