藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

【真岡鉄道】秋葉原から90分でSL列車に乗れる

公開日: 更新日:

 2月29日、水戸を中心に広い範囲のJR・私鉄で使える「ときわ路パス」(春季は4月26日までの土休日有効、2180円)を利用して、真岡鉄道のSL列車に乗ってきた。その際の見聞を小ネタ集として紹介したいと思う。

●小ネタ1=常磐線(各駅停車)我孫子~取手は昼間、列車の走らぬ複々線としてしられるが、このパスは有効区間のJR駅での販売のため、私を含むメトロ沿線住民は朝の千代田線直通で取手へ出て買うと難がない。その場合、ただ乗っていれば、普段は列車も稀な線路の上を走ることができる。ついでにいえば私の乗ったのは小田急編成で、遠い道のりをご苦労さんとの気持ちになった。

●小ネタ2=このパスで関東鉄道竜ヶ崎線にも乗ったが、その折、JRの佐貫駅は3月14日から龍ヶ崎市駅に改称されるのを知る。改称後、従来の竜ヶ崎駅へ行くには龍ヶ崎市駅で関鉄の佐貫発竜ヶ崎行に乗り換えねばならない訳で、書いていても面倒臭いのに聞いて混乱する人が出なければよいが、と心配になった。

●小ネタ3=下館を10時35分に出るSLもおか号には、守谷9時43分発・下館10時28分着の関東鉄道常総線快速から乗り換え時間7分で乗れた。秋葉原を9時につくばエクスプレスで発てば、1時間半後にはSLの客になれるわけである。なお、みどりの窓口でのSL整理券(大人500円)の取り扱いは3月をもって終わるが、真岡線ホームで買えるので尻込みせずともよい。ICカードは使えないため、現金をお忘れなく。

【付記】
 真岡鉄道によれば、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月7日~22日の間、SLもおか号は運休となりました。今後も利用の際は最新の情報をご確認ください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る