藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

【JR四国のバースディきっぷ】 誕生日月に両親と四国一周

公開日: 更新日:

 まもなく令和初の天皇誕生日(2月23日)がやってくる。昨年の天皇誕生日はお預けになったものの、10月22日は「即位礼正殿の儀」で祝日となったから、「また休みか」と思われる方も多かろう。

 誕生日といえば、鉄道でも誕生月限定で乗れるお得なきっぷがある。JR四国の「バースデイきっぷ」は自社及び土佐くろしお鉄道全線の特急列車が3日間乗り放題で、グリーン車用1万3240円、普通車用9680円となっている。誕生月の本人が公的証明書を見せて買うのは「ご本人様用」で、さらに同行者3人までは本人と同じ金額で「お連れ様用」を発券してくれるのもありがたい。

 なお、かくいう私は4月生まれで、4年前に8月生まれの父と9月生まれの母を連れて坂出~松山~高知~坂出と四国一周を企てたことがある。本当はもっと列車に乗っていたかったのだが、いくらグリーン車とはいえ、鉄道に関心のない両親が一緒ではこれぐらいが限度であろう。予土線江川崎で途中下車して遊覧船に乗るつもりでいたところ、強風で欠航となり、山あいの集落で4時間待ち惚けをくらったのも、今ではよい思い出となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る