藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

【みなとみらい線】 保存車両を見学し中華街を散策

公開日: 更新日:

 今、世間を騒がせている新型コロナウイルス。年末辺りに「あれは3月頭が流行のピークだったな」と思い返せるぐらいであってほしいが、まだ終息の兆しは見えていない。

 国内ですら人混みへの外出が憚られるぐらいだから、中国旅行なぞ思いもよらぬ。私も3月の西安行航空券を持っていたが、運休の告知が届いた。

 それなら代わりに近場の中華街でも冷やかして、気分を紛らわそうと考える。幸い、みなとみらい線馬車道~元町・中華街は未乗区間で残っている。

 それで2月28日、横浜を訪れた。まずは1月21日開設、2月26日から平日は事前申込みの制約もとれた京急ミュージアムに寄る。体験コーナーが大きく子供達ですぐ混み合いそうだけど、金曜はまだ余裕があり、夕方ふらりと訪れて保存車両デハ236や沿線を模したジオラマを無料で眺められるのは嬉しい。デハ236で感心したのは、今の通勤車両なら広告スペースと化している大きな戸袋窓。この手入れは大変だったろうが、おかげで浦賀の海岸もよく見えたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る