石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

ギャグ弁当で月数十万円 元小悪魔モデルのインスタ副業術

公開日: 更新日:

 広告の形が変わってきている。入念に作ったストーリーを消費者に見てもらうのではなく、ユーザー自身が商品をアレンジしたりイジったりしてSNSで笑いや共感を呼ぶ。そうすると結果的に商品の告知効果が高まるのだ。

 今回は、インスタグラムでお弁当の写真を投稿して話題となっている、活動名・まこつ(yuko.makotsu)さん(36歳)を取材した。

 まこつさんはかつてギャル系ファッション雑誌「小悪魔ageha」のモデルとして活躍。一時期は携帯電話のCMにも出演した経歴を持つ。現在は結婚して4歳と2歳の子育てもする専業主婦が本業だ。

「モデル時代はアメーバブログをやっていました。フォロワーは1000人くらいだったと思います。ウェブを使ってファンと交流するのは慣れていました。そもそも面白いことが好きで、学生時代とかはギャグ漫画を自分で描いていました。『行け!稲中卓球部』とか『コジコジ』とか好きでした。旦那さんのお弁当作っている時に、このキャンバスって面白くできるんじゃないかなと思いついたんですよね。最初に作ったのは虫刺されの『ムヒ』です。最初は旦那さんもリアクションしていたのですが慣れてしまったので、今はSNSの方がリアクションが良いです(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る