柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

新型コロナ感染拡大で見直す「所得補償保険」のメリット

公開日: 更新日:

「新型肺炎で学校閉鎖になりました。政府は賃金全額の補償金を企業に払うとしましたが、私はもらえません」と、都内在住の玉利りこさん(仮名・50歳)。

 りこさんは、規定の年次有給休暇10日分を使いきっています。今回の補償は、企業が年次有給休暇とは別に独自の有給休暇を設けた場合に限り、1日8330円を上限に企業へ支払う制度です。りこさんの勤務先は独自の有給休暇を採用しませんでした。適用外ということです。

 いまのコロナウイルス騒動に限らず、突然、会社に行けなくなるケースは多々あります。

 病気やケガで会社を休んだ場合、4日目以降は健康保険から賃金の3分の2ほどの傷病手当が支払われますが、有給休暇の場合は適用されません。

 また、非正社員でも会社の都合で従業員を休ませた場合、賃金の6割が支払われる休業手当がありますが、自主的に労働者が休む場合は該当しません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る