シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

自治体やメディアが呼びかける抗議デモでのコロナ対策

公開日: 更新日:

 全米で起こった人種差別反対デモはほとんどが平和的な抗議行動とはいえ、これまでになかったリスクを伴っています。大勢の人が集まることによるコロナへの感染です。

 ニューヨークでの感染は減少していますが、まだ拡大している州もあり、オクラホマ州でのデモの参加者が検査で陽性だったというニュースも入っています。

 ニューヨークのデモの場所と時間を知らせるインスタのフライヤーには 「マスク必須」「ゴーグル推奨」と書かれています。私が取材したデモの参加者は「パンデミックで参加をためらったが、それ以上に重要と判断して参加を決めた」と言っていました。特に深刻な事態からようやく抜け出そうとしているニューヨークでは、感染リスクを知りながら参加している人たちがどれほどこの問題に真剣に取り組んでいるかが分かります。

 自治体やメディアもデモ参加者が感染から身を守るための呼びかけを行っています。ニューヨーク市保健局のツイッターでは、マスクと目を守るサングラスやゴーグルの着用、水分の補給、除菌ローションの携帯を推奨し、メッセージを叫ぶと飛沫が飛び散るため代わりにプラカードやノイズメーカーを使おう、1人で参加せず数人のグループでお互いの安全を確保しよう、他のグループとの距離は2メートル取ろう……などと呼びかけています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る