大坂、錦織ら米人種差別に抗議 五輪出場中の掲示は厳罰も

公開日: 更新日:

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(25)、女子テニス大坂なおみ(22)、プロバスケットボールNBAウィザーズの八村塁(22)らが2日(日本時間3日)、自身のSNSで、米国内を揺るがしている人種差別に抗議の意思を表明した。

 大谷らは抗議運動である「Black Out Tuesday(真っ黒な火曜日)」に賛同して、SNS上に黒塗りの画像を投稿。男子テニスの錦織圭(30)らも同様の画像を掲載した。

 米国では現在、ミネソタ州での白人警官による黒人への過度な拘束により死亡した事件に端を発し、各地で抗議デモが多発している。これに米スポーツ界も敏感に反応しており、多くの黒人選手がプレーするNBAではキングの異名を持つレブロン・ジェームズ(レイカーズ)らスター選手が非難のコメントを寄せている。

 一連のデモを「テロ」と断定したトランプ大統領への反発もあり、沈静化する気配はないが、この問題は米国内にとどまりそうにない。長期化すれば、来年の東京五輪に飛び火するのは必至だ。

 これまで五輪はたびたび、政治や宗教、人種問題を主張する場として利用されてきた。日本もターゲットにされ、2012年ロンドン五輪男子サッカー3位決定戦後、韓国選手が竹島の領有権を主張するメッセージを掲げたことがあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う