1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

公開日: 更新日:

 日本では、落とし物を拾って届けた人には、落とし物の価値の5~20%に相当する「報労金」を請求する権利があるが、米国で「落ちていた1万ドル(約108万円)を拾い、持ち主に返した男性とその謝礼の話」が話題になっている。

 ワシントン州に住む元塗装業者のマイケル・キングさんは先日、仕事上の負債を返済するために1万ドルの現金を引き出し、財布に入れた。

 絶対になくすわけにはいかないお金だったが……別の心配事に気を取られていたマイケルさんは、その財布をトラックのバンパーの上に置き、走り出してしまった!

 財布は道路に落ちて何枚かの紙幣が路上にまき散らされ……マイケルさんはそれに気が付かずに走り去った。

 それに気づいたのが、直後に反対側から車で走ってきたスティーブ・ハリソンさん。すぐに車を路肩に止め、お金を拾い集めた。そして少し離れた場所に財布も落ちていることにも気づいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る