今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

公開日: 更新日:

 何か不自然に見える。それもそのはず、ビキニのトップを上下逆にして着用する「逆さビキニ(アップサイドダウン)」だからだ。

 実はこのスタイルは2018年、イタリアのモデルによって始められ、多くの女性たちによって真似された。そして3年経った今、再びトレンドとして戻ってきた。写真(インスタグラムから)はカナダのテレビタレント、アンドリア・チェンバーランドさん(27)が着けているところだ。

 英デーリー・スター紙は「逆さビキニが戻ってきた。首にかける紐を胸に巻きつけることでバストが強調されるのだ。人気が再燃するわけだ」と書いている。さらに1921年から続く仏ファッション誌「ロフィシェル」も今夏のトレンドとして認めている。

「米モデル、ケンダル・ジェンナーはすでに逆さビキニを着用している。今夏は間違いなくこのスタイルが流行を席巻するだろう」

 ただバストがある程度ないと苦しいか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る