河野大臣の見苦しい変節ぶり 「情報公開を」と吠えていた男がワクチン調達“隠蔽”指摘に逆ギレ!

公開日: 更新日:

「はしごを外した形になってしまい、大変申し訳ない」

 新型コロナウイルスワクチンの供給減による個別接種のキャンセル続出を巡り、15日の全国知事会との意見交換で陳謝した河野ワクチン担当相。国会でも謝罪を口にしたが、モデルナ製ワクチンの供給減の“隠蔽”には反省ゼロだ。

 モデルナ製は当初、6月末までに4000万回分を調達するはずだった。ところが、世界的な需要増を受け、計画が頓挫。河野大臣はゴールデンウイーク前に供給減を知っていたにもかかわらず、6割減の1370万回しか調達できなかった事実を今月6日の会見まで隠していた。

 シレッと公表した直後、テレビ番組や自身のブログで「ワクチンに関する情報を公開する時は必ず製薬会社と事前の合意を取る」などと釈明したが、モデルナ製の供給減によって「EUにファイザーのワクチンの確実な供給を迫ることができた」「交渉カードに使った」――と居直り。14日の衆院内閣委員会では「早く公表すべきだった」との野党議員の追及に「言いがかり」とまで言い放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

もっと見る