春から盛んにPRされる犬の「フィラリア症」血液検査は毎年必要なのか?

公開日: 更新日:

 フィラリア症は蚊が媒介する感染症で、犬の心臓や肺、猫の肺などに寄生虫が感染します。成虫になると30センチ近くにもなりますが、心臓に多数寄生すると血流が滞って、最悪の場合、命を落とす恐れがありますが、感染初期はあまり症状が目立たず、見過ごされやすいです。

 発症すると元気や食欲がなくなる、咳をする、痩せる、呼吸が苦しくなる、といった症状が見られ、さらに進行すると、お腹が張ってきたり、血尿のように尿が赤くなったりします。

 前述した通り蚊が媒介する病気ですから、春から夏にかけて動物病院に行くと、フィラリア予防の観点から、フィラリア感染を確認する検査が勧められることが少なくありません。薬剤の進歩でフィラリア症は少なくなっていますが、それでも盛んに検査が勧められるのには理由があります。

 30年ほど前、イベルメクチンという抗寄生虫薬が登場。フィラリアの駆虫薬として普及していました。その際、よく使われたのは粉薬を“豚”の配合飼料に混ぜて処方する方式です。そのレシピが海外から伝わり、日本でも犬の体重に応じて処方されていたといいます。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント