著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

学習院と距離を置いてきた悠仁さまに回帰の兆し…学習院大学進学も視野か

公開日: 更新日:

「そうなればうれしいことはうれしいが」と言葉を濁すのは学習院大の文系教授。一般入試ではなく、そのために設けられたような時限的な特別ルールで超進学校の筑波大付属高校に入学した悠仁さま。3年生になり大学選びの予想でも東大一色になりつつある中、学習院大も視野に入れ始めたとの報道が一部で出ている。

 同教授はこの情報を歓迎しながらも「秋篠宮家のプライドが許さないだろう」と懐疑的。「これまで袖にしてきて、今さら学習院を選ぶのは屈辱的ではないか」というのだ。

 秋篠宮家が皇室御用達の学習院を回避したのは眞子さんが最初。学習院女子高校からAO入試(現総合型選抜)で国際基督教大(ICU)に入学。次女・佳子さまも学習院大を中退してAO入試でICUに入った。悠仁さまは途中まで学習院だった姉2人と違い、幼稚園からお茶の水女子大付属。一度も学習院での学園生活を経験していない。「ここまで避ける理由がわからない」と前出の教授は嘆くが、これは関係者の多くが共通して抱く疑問である。

秋篠宮さまと紀子さまが出会われた場所でありながら、お2人から学習院への思いは感じられない」と話すのは宮内庁OBだ。学習院離れの理由として挙げられるのは愛子さまの初等科2年の時に起こった不登校騒動。秋篠宮家は学習院に対する不信感を強めたとされるが、眞子さんがICUを受験するのはこの一件が発覚する前である。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方