「禁煙五輪」で本当の解決につながるのか

公開日: 更新日:

 都民の過半数が罰則付き規制を求めたという国立がん研究センターの「都民アンケート調査」。いったい、どんな質問項目があったのか。公開されている報告書などを基に調査内容を検証してみた。

 まず、質問に入る前に2004年のアテネから2016年のリオデジャネイロまで7都市の規制の表を提示している。そのうえで、「世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)は協定を結び、タバコのないオリンピックを目指しています。これについて、あなたはどのようにお考えですか」という質問からスタートし、「賛成」「反対」「わからない」から選択させている。

 そのほか「上表のように、オリンピック開催都市では罰則付きの規制を制定して禁煙化の取り組みが進められてきました。東京も禁煙化を進めるべきとお考えですか」とか、「WHOは受動喫煙防止のための分煙について(中略)『100%の無煙環境以外のアプローチには効果がない』と結論づけています。あなたは分煙についてどのようにお考えですか」といった質問が並ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

  10. 10

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

もっと見る