「たばこ対策都民アンケート調査」のタレ流し報道

公開日:  更新日:

「2020年、スモークフリーの国を目指して ~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~」

 厚労省が決めた今年の禁煙週間(5月31日~6月6日)のテーマだった。国が東京五輪までに禁煙社会を目指そうと言い出したのである。その禁煙週間の直前の5月28日、あるアンケート調査が発表された。

「東京オリンピックのたばこ対策について 都民アンケート調査」である。実施したのは国立がん研究センターだった。2015年3月にインターネットで行った調査で、都民2375人(喫煙者21.8%)から回答を得たとして、結果の概要を同センターは次のようにまとめている。

●東京五輪に向けて罰則つきの規制を求める意見が過半数だった

●受動喫煙防止のために分煙は効果ないと考える人は75%に達していた

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る