日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京都の分煙環境整備補助は新たな一歩

 7月24日。2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、ちょうどあと5年になった。ゼロからの見直しとなった新国立競技場建設をはじめ、五輪に向けての取り組みがいよいよ本格化していく。

 そうした中、東京都の舛添知事が7月17日の定例会見で、分煙環境整備補助の開始を発表した。「外国人旅行者が東京で快適に滞在できるような分煙対策を実施することにした」という知事が、都内の宿泊施設や飲食店(中小企業)を対象に打ち出した補助の内容は次の通り。

●補助対象
喫煙室の設置、エリア分煙、フロア分煙の措置に必要な設備・備品購入費、改修整備費等

●補助率・限度額
補助対象経費の5分の4以内で1施設300万円を限度

 募集開始は7月27日からで原則受け付け順。今年度予算は10億円となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事