家庭円満でも…普通の女子高生が“JKビジネス”に走るワケ

公開日:

「どうせ家庭に問題があるコが多いんだろ」は早計だ。制服姿の女子高生にマッサージをさせたりする、いわゆる「JKビジネス」の話。

 警視庁が昨年6、7月に、性的サービスを行わせていた都内のJKビジネス店2店舗を摘発。そこで働いていた当時15~17歳の少女42人(高校生32人、無職10人)を補導し、実態調査を行ったところ、世間一般のイメージとは違う“本当の姿”が見えてきた。

 59.5%の少女が「両親あり」で、47.6%が家庭生活に「満足している」。「少し満足している」を合わせると、7割が取り立てて家庭に不満がないというのだ。

 さらに9割前後が「他人に迷惑をかけない」や「決まりや約束を守る」という“親のしつけ”をよく受けていたと回答。「見知らぬ男性と性行為をすること」についても69.0%が「いけないこと」と考えており、57.1%がJKビジネス店は「ない方がよい」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る