日本一の私鉄・近鉄が取り組む分煙対策

公開日:  更新日:

 総営業キロ数501.1キロと私鉄では日本一の近畿日本鉄道。本社のある大阪府を拠点に奈良県、京都府、三重県、愛知県に路線営業網を展開し、観光特急「青の交響曲」をはじめ特急列車の種類も多彩だ。その特急には、一部に喫煙車両があり、喫煙者にとってはありがたい存在となっている。むろん大半は禁煙車両で、喫煙者、非喫煙者双方に配慮したサービスを展開しているといえよう。

 大阪・上本町にある近鉄本社を訪ね、分煙対策について考え方を聞いてみた。

「受動喫煙防止対策の重要性はきちんと理解したうえで、たばこを吸われるお客さま、吸われないお客さま、どちらにも対応できるよう分煙方式を実施しています。駅構内、地下は全面禁煙としています。(特急列車の発着駅など)主要14駅については、構内の一角に喫煙所を設置して対応しています。上本町駅、鶴橋駅、京都駅、大阪阿部野橋駅などです」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る