手術後に壊死し訴訟沙汰 ペニスはどうやって大きくするの

公開日:

 ペニスが壊死して慰謝料を請求――。こんな裁判が千葉で起きた。

 2015年10月、50代の男性が船橋市の美容外科クリニックでペニスを増大する手術を受け、その後、内出血や痛みに襲われた。男性は別の病院で診察を受け、ペニスの一部が壊死していると診断。一部を除去する手術を受けたため、クリニックを相手に慰謝料など2億4000万円を求める訴訟を千葉地裁に起こした。

「ペニスを大きくしたい」というのは男なら誰もが抱く願望だ。どんな手術があるのか。

 25年の実績を持つ「新宿形成外科」の岡和樹院長によると、ペニスを長くする「長茎術」と亀頭を大きくする「亀頭増大術」に大別される。

 長茎術は、ペニスの恥骨側の根元を2センチほど切り、内部に埋もれている部分を外側に出す。これで7センチ伸びる人もいるそうだ。亀頭増大術は、亀頭の端の十数カ所から二十数カ所にコラーゲンやヒアルロン酸を注射。亀頭が1.2倍ほどの大きさになり、張りが出てくる。局所麻酔を打つので痛みはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る