• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手術後に壊死し訴訟沙汰 ペニスはどうやって大きくするの

 ペニスが壊死して慰謝料を請求――。こんな裁判が千葉で起きた。

 2015年10月、50代の男性が船橋市の美容外科クリニックでペニスを増大する手術を受け、その後、内出血や痛みに襲われた。男性は別の病院で診察を受け、ペニスの一部が壊死していると診断。一部を除去する手術を受けたため、クリニックを相手に慰謝料など2億4000万円を求める訴訟を千葉地裁に起こした。

「ペニスを大きくしたい」というのは男なら誰もが抱く願望だ。どんな手術があるのか。

 25年の実績を持つ「新宿形成外科」の岡和樹院長によると、ペニスを長くする「長茎術」と亀頭を大きくする「亀頭増大術」に大別される。

 長茎術は、ペニスの恥骨側の根元を2センチほど切り、内部に埋もれている部分を外側に出す。これで7センチ伸びる人もいるそうだ。亀頭増大術は、亀頭の端の十数カ所から二十数カ所にコラーゲンやヒアルロン酸を注射。亀頭が1.2倍ほどの大きさになり、張りが出てくる。局所麻酔を打つので痛みはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る