校庭の積雪で“巨大男根”作品 東工大生の技術力に話題騒然

公開日:

 隆起した血管と深く刻まれた皮のスジ、大きく膨らんだ亀頭――。おそらく、そそり立つ角度も計算し尽くされているのだろう。さすがに理工系最難関といわれる東工大の学生の作品である。

 4年ぶりの大雪に見舞われた都内で、東工大の学生が大岡山キャンパスの敷地内に降り積もった雪を使って大きな「男根」を作った――とネットで大騒ぎになっている。

 確かにネットに投稿された写真には、高さ2~3メートルほどの雪だるまならぬ「雪男根」と、夜中に懸命に作業する2人の学生らしき人物が写っている。と、ここまでなら、「アホやな」とスルーされただろうが、同じ投稿で「東工大理事・副学長 丸山俊夫」の名前で〈大学構内の不適切な雪像について〉〈厳しい処分を下さなければなりません〉と書かれたメールが掲載されて騒動となった。

 江戸時代の浮世絵を見ても、大雪が降れば何かを作りたくなるのが日本人の気質だ。それが「男根」だからといって、何も〈厳しい処分〉はないだろう。女子学生にムリヤリ酒を飲ませて強姦するバカ大学生がいる中で、むしろ健全な反応といっていい。生殖器に徴される生産力、豊穣力に対する「生殖器崇拝」と捉えればいいではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る