校庭の積雪で“巨大男根”作品 東工大生の技術力に話題騒然

公開日: 更新日:

 隆起した血管と深く刻まれた皮のスジ、大きく膨らんだ亀頭――。おそらく、そそり立つ角度も計算し尽くされているのだろう。さすがに理工系最難関といわれる東工大の学生の作品である。

 4年ぶりの大雪に見舞われた都内で、東工大の学生が大岡山キャンパスの敷地内に降り積もった雪を使って大きな「男根」を作った――とネットで大騒ぎになっている。

 確かにネットに投稿された写真には、高さ2~3メートルほどの雪だるまならぬ「雪男根」と、夜中に懸命に作業する2人の学生らしき人物が写っている。と、ここまでなら、「アホやな」とスルーされただろうが、同じ投稿で「東工大理事・副学長 丸山俊夫」の名前で〈大学構内の不適切な雪像について〉〈厳しい処分を下さなければなりません〉と書かれたメールが掲載されて騒動となった。

 江戸時代の浮世絵を見ても、大雪が降れば何かを作りたくなるのが日本人の気質だ。それが「男根」だからといって、何も〈厳しい処分〉はないだろう。女子学生にムリヤリ酒を飲ませて強姦するバカ大学生がいる中で、むしろ健全な反応といっていい。生殖器に徴される生産力、豊穣力に対する「生殖器崇拝」と捉えればいいではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る