校庭の積雪で“巨大男根”作品 東工大生の技術力に話題騒然

公開日:

 隆起した血管と深く刻まれた皮のスジ、大きく膨らんだ亀頭――。おそらく、そそり立つ角度も計算し尽くされているのだろう。さすがに理工系最難関といわれる東工大の学生の作品である。

 4年ぶりの大雪に見舞われた都内で、東工大の学生が大岡山キャンパスの敷地内に降り積もった雪を使って大きな「男根」を作った――とネットで大騒ぎになっている。

 確かにネットに投稿された写真には、高さ2~3メートルほどの雪だるまならぬ「雪男根」と、夜中に懸命に作業する2人の学生らしき人物が写っている。と、ここまでなら、「アホやな」とスルーされただろうが、同じ投稿で「東工大理事・副学長 丸山俊夫」の名前で〈大学構内の不適切な雪像について〉〈厳しい処分を下さなければなりません〉と書かれたメールが掲載されて騒動となった。

 江戸時代の浮世絵を見ても、大雪が降れば何かを作りたくなるのが日本人の気質だ。それが「男根」だからといって、何も〈厳しい処分〉はないだろう。女子学生にムリヤリ酒を飲ませて強姦するバカ大学生がいる中で、むしろ健全な反応といっていい。生殖器に徴される生産力、豊穣力に対する「生殖器崇拝」と捉えればいいではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る