誰のための受動喫煙対策か<中>

公開日: 更新日:

 スモークフリーを掲げて実施されるオリンピック・パラリンピック。今年行われた平昌オリ・パラ会場の総観客数は想定約150万人。会場内外の喫煙環境はどうなっていたのか。現地の様子を視察したメディア関係者に話を聞いた。

 まず、韓国の法律では2015年から飲食店については、屋内は原則禁煙となった。喫煙室の設置は可能となっている。スポーツ施設は禁煙で、屋外の喫煙所は認められている。地方自治体による規制としては、平昌郡、江陵市の条例などで禁止区域が設定されている。

 競技会場内は屋内禁煙。屋外に喫煙所がある所では喫煙可能だ。スノーボードクロスなどの競技が行われた普光フェニックスパーク。いたるところに禁煙ステッカーが貼られている。一角に金属製の灰皿が置かれ、防寒ジャケットを着込んだ男性が一服していた。極寒の中で、震えながらの喫煙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る