誰のための受動喫煙対策か<中>

公開日:

 スモークフリーを掲げて実施されるオリンピック・パラリンピック。今年行われた平昌オリ・パラ会場の総観客数は想定約150万人。会場内外の喫煙環境はどうなっていたのか。現地の様子を視察したメディア関係者に話を聞いた。

 まず、韓国の法律では2015年から飲食店については、屋内は原則禁煙となった。喫煙室の設置は可能となっている。スポーツ施設は禁煙で、屋外の喫煙所は認められている。地方自治体による規制としては、平昌郡、江陵市の条例などで禁止区域が設定されている。

 競技会場内は屋内禁煙。屋外に喫煙所がある所では喫煙可能だ。スノーボードクロスなどの競技が行われた普光フェニックスパーク。いたるところに禁煙ステッカーが貼られている。一角に金属製の灰皿が置かれ、防寒ジャケットを着込んだ男性が一服していた。極寒の中で、震えながらの喫煙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る