誰のための受動喫煙対策か<上>

公開日:

 厚労省が2020年の東京五輪までに段階的に施行するとしている、受動喫煙対策強化を盛り込んだ健康増進法改正案は3月9日に閣議決定された。今国会に法案が提出され、厚生労働委員会での審議を経て採決というスケジュールになるのだろうが、厚労委員会は裁量労働制の問題も抱えており、スムーズに進むかどうかは不透明だ。

 昨年来の議論で厚労省サイドが強調してきたのが「東京五輪をスモークフリーで」ということ。世界に恥じない五輪にするためにも、受動喫煙防止対策の強化は急務だと主張してきた。その結果が、公共施設や飲食店は原則屋内禁煙、客席面積100平方メートル以下の零細飲食店は例外、などとする規制内容となった。

 この改正案は、規制推進派・反対派双方に配慮した形となったため、日本人にとっても非常に分かりづらい内容となっている。しかも、詳細については今後の政令、省令でという「未完の改正案」なのである。そのうえ、東京都はいまだに独自の条例制定を考えている。五輪開催時に東京では最終的にどんな規制内容となるのか不透明極まりない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る