ソフトバンクはLINEを? 相次ぐ無料通話アプリ買収の狙い

公開日: 更新日:

 IT業界に、ひさびさのビッグニュースだ。25日、ソフトバンクがLINE(ライン)の買収を目指すと報道された。ソフトバンクは「臆測についてはコメントしない」とし、上場を目指しているLINEも否定したが、25日のソフトバンク株は、この報道を材料に大幅高だった。

 ここ最近、LINEのような「無料通話アプリ」が、次々に買収されている。楽天は今月14日、世界に2億8000万人のユーザーがいる「Viber」(バイバー)を9億ドル(約900億円)で買収すると発表。フェイスブックも、4億5000万人ユーザーの「ワッツアップ」を190億ドル(約1兆9000億円)で買収することが決まっている。

 国内外のITガリバーが、先を競って無料通話アプリを買収している狙いは何か。

「まずは“国盗り合戦”です。ソフトバンクが狙うLINEは、8割が海外のユーザー。買収することができれば、ソフトバンクの世界的知名度が一気に上がります。楽天が買収するバイバーは新興国の伸びが著しい。ワッツアップは、アジア地域の強化が目的です」(IT企業関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る