ソフトバンクはLINEを? 相次ぐ無料通話アプリ買収の狙い

公開日: 更新日:

 IT業界に、ひさびさのビッグニュースだ。25日、ソフトバンクがLINE(ライン)の買収を目指すと報道された。ソフトバンクは「臆測についてはコメントしない」とし、上場を目指しているLINEも否定したが、25日のソフトバンク株は、この報道を材料に大幅高だった。

 ここ最近、LINEのような「無料通話アプリ」が、次々に買収されている。楽天は今月14日、世界に2億8000万人のユーザーがいる「Viber」(バイバー)を9億ドル(約900億円)で買収すると発表。フェイスブックも、4億5000万人ユーザーの「ワッツアップ」を190億ドル(約1兆9000億円)で買収することが決まっている。

 国内外のITガリバーが、先を競って無料通話アプリを買収している狙いは何か。

「まずは“国盗り合戦”です。ソフトバンクが狙うLINEは、8割が海外のユーザー。買収することができれば、ソフトバンクの世界的知名度が一気に上がります。楽天が買収するバイバーは新興国の伸びが著しい。ワッツアップは、アジア地域の強化が目的です」(IT企業関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る