公募価格を2割上回ったが…「JR九州」売り時はいつか?

公開日: 更新日:

 東証に25日上場した「JR九州」株の初値は3100円。公募価格の2600円は上回ったが、結局2990円で引けた。

 JRグループでは東日本、西日本、東海に次ぐ4社目、7月上場の「LINE」に次ぐ今年2番目の大型上場と騒がれた割には、ビミョーだ。

 JR九州の青柳俊彦社長は「これまで以上に機動的な事業運営に取り組んでいく」と意気込んでいたが、盛り上がりに欠けた感は否めない。

 LINEは公募価格の3300円に対し、初値は4900円と48%も上回った。JR九州の初値は19%プラス。どうみればいいのか。

 昨年11月に上場した日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政グループ3社の例もある。上場直後こそ株価は上昇したものの今や、公募価格も割り込んだままだ。
「JR九州が“ローカル株”であることを考えれば、妥当な滑り出し」と、株式評論家の倉多慎之助氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る