早くも市場反応 動き始めている「南北首脳会談」関連銘柄

公開日: 更新日:

 兜町も南北首脳会談に反応している。

「6月上旬までに行われるトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談が終わるまで、地政学リスクは消えないでしょうが、朝鮮半島の『非核化』や『統一』がささやかれ始めたことで、兜町は関連銘柄を探し始めています」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 世の中の先を読む株式市場は、どんな銘柄を物色しているのか。

「戦前から構想はあったようですが、九州と朝鮮半島をトンネルで結び、中国の北京へ続く鉄道(道路)を建設するという壮大な事業の検討が始まるかもしれません。実現性は低くとも、関連銘柄が動きだす可能性はあります」(黒岩泰氏)

■狙い目は「トンネル、電力、食料」

 ボスポラス海峡(トルコ)の海底トンネル事業に参画した大成建設や、青函トンネルで電力供給設備を手掛けた明電舎、トンネル工事の爆薬に強いカーリットHD、建設用資材のエスイー、建設用コンクリートのジオスターなどが関連株だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る