子会社役員辞任 不正接待連発もソニーがやけに慎重な理由

公開日: 更新日:

 景気がいいせいか。ソニーの内部監査で、子会社の役員が不適切な接待や出張を繰り返していたことが明らかになった。問題があったのは子会社2社で、不正を指摘されたのは3人。そのうち1人は2社の社長を兼務していて、3人とも指摘を受けてすでに退職しているという。

 ソニーは27日に発表する2018年3月期決算で20年ぶりの最高益を更新。最終利益は前期比6.5倍の4800億円に上る見込みだ。V字回復のウハウハでグループ全体にゆるみが生まれたか。

 内部監査では、今のところ取引先を使ったキックバックや3人以外に不適切な支出は見つかっていないことから、組織ぐるみの不正ではないとされる。しかし、出張費については、カラ出張疑惑も報じられている。

 ソニーは、不正に支出された金額を明らかにしていない。「取締役としての適格性が疑われる」レベルとされるが、この人事は非公表。業務上横領罪に問えそうな気もするが、そんな動きが見られないのはなぜなのか。弁護士の山口宏氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る