フュービック 黒川将大社長<1>高校生が起業を志した瞬間

公開日: 更新日:

「門限がないのでよく言えば自由ですが、長男の僕が全て決めないといけません。親の出張期間が延びてしまって生活費が足りなくなったこともあり、その時は早く大人になって自分でお金を稼げたら不安もないのに、と痛感しました。振り返れば、このころの経験が僕の独立心を強くしたのかもしれません」

 そんな多感な時期を過ごした黒川少年は、当時まだ創立6年目と新しかった都立松が谷高等学校に進学する。

「この高校を選んだ理由は彼女が欲しかったからです(笑い)。すぐに働きたいなら工業系の高校などで専門技術を身に付ければいいのでしょうけれど、工業高校ってだいたい男子ばかりじゃないですか。共学の普通科で校舎も新しい高校ならドラマのような学園生活が送れると思ったんです」

 現実はアルバイトに明け暮れた日々だったが、高校で出会った友人からは多くの影響を受けたようだ。黒川氏は将来の目標を楽しそうに語る友人たちの姿を見て、深く考えていなかった自分の未来を意識するようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る