副業に向く人とは…マッチング年間230件で見えた共通点4つ

公開日: 更新日:

 働き方改革の一環として、官民挙げて推進されている副業や兼業。その是非はさておき、働く人のキャリアやスキルはもちろん、本人が置かれている本業の雇用環境などによって向き不向きがあるという。「遊ぶ金が足りないからとりあえず副業でもやってみるか」と安易に飛びつくのは危険だ。

 実情を詳しく話してくれたのは、多くの“副業社員”を見ている株式会社「シューマツワーカー」の代表取締役CEO・松村幸弥氏。同社はDeNAやヤフー、メルカリなど、社員の副業を認めるメガベンチャーなどのIT技術者に、資金力に乏しいスタートアップ企業での仕事を業務委託の形で紹介するサービスを展開。この1年で230を超す案件をマッチングしてきた。週10~15時間、3カ月から1年間の長期契約を結ぶIT技術者が多いという。

「週末に限らず、平日も朝や夜に自宅などでリモートワークしています。中には本業のミッションさえこなしていれば平日の勤務時間中も副業OKの方もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る