副業に向く人とは…マッチング年間230件で見えた共通点4つ

公開日: 更新日:

 働き方改革の一環として、官民挙げて推進されている副業や兼業。その是非はさておき、働く人のキャリアやスキルはもちろん、本人が置かれている本業の雇用環境などによって向き不向きがあるという。「遊ぶ金が足りないからとりあえず副業でもやってみるか」と安易に飛びつくのは危険だ。

 実情を詳しく話してくれたのは、多くの“副業社員”を見ている株式会社「シューマツワーカー」の代表取締役CEO・松村幸弥氏。同社はDeNAやヤフー、メルカリなど、社員の副業を認めるメガベンチャーなどのIT技術者に、資金力に乏しいスタートアップ企業での仕事を業務委託の形で紹介するサービスを展開。この1年で230を超す案件をマッチングしてきた。週10~15時間、3カ月から1年間の長期契約を結ぶIT技術者が多いという。

「週末に限らず、平日も朝や夜に自宅などでリモートワークしています。中には本業のミッションさえこなしていれば平日の勤務時間中も副業OKの方もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る