推定利回り6~8%に熱視線 トランクルーム投資は儲かるか

公開日: 更新日:

 トランクルームは設備更新費がほとんどかからず、一度荷物を預かると退去が少ない。しかも、生活するわけではないので、駅からの距離や方角はそれほど問われないという。それこそ、うなぎの寝床みたいな場所でも建設できるのが業者側にとっては強みだ。

■REIT設立の動きも

 今は賃貸マンションに代わる投資商品として資産家が3000万から3億円でトランクルームを“1棟買い”するケースがほとんど。最近は機関投資家も注目しており、個人が小口で投資できるような不動産投資信託(REIT)の設立を目指す動きもある。今年はいよいよ熱を帯びる可能性もありそうだ。

 このトランクルーム投資、一般的な個人投資家も飛びついていいものなのだろうか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「トランクルームという不動産の利用形態は日本では比較的新しくて、まだ確立されていないといえます。米国では2兆円産業になっているそうなので、今後、日本でも数千億円規模に伸びるはずです。今のところ投資先としては玉石混交なので、おいしいところがあるでしょう。ただ、日本はこれから大きな経済成長が見込めないということを忘れてはいけません。いずれ景気が悪くなると、トランクルームの需要も頭打ちになります。また参入障壁が低いので激しい競争地獄が始まると推測できます。ですから、投資するなら短期回収を目指すべきでしょう。6%や8%の利回りしかないとしたら、もしかしたらリスクの方が大きいかもしれません」

 コインランドリー投資の“おいしい話”にホイホイ乗って、痛い目に遭ったサラリーマンもたくさんいるという。それでも興味がある人は、まずはトランクルームの実物を見た方が良さそうだ。

 (取材・文=岩瀬耕太郎/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る