重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

苛立つ金融庁…“地銀監督強化”でトップの討ち死に相次ぐか

公開日: 更新日:

 果たして地方銀行の抜本再編に向けた「伝家の宝刀」となるのか。金融庁が地銀に対する監督指針の見直しに乗り出す。現在の超低金利や人口減少が続いた場合の存続の可能性を独自に試算。将来、深刻な収益低下が予想される銀行にはリストラを含む人員・店舗の再配置や配当抑制など早期の改善策を促す。

 改善策が不十分と判断すれば、銀行法に基づく業務改善命令を発動。それでも対策を示せない時にはトップ交代など経営陣の刷新はもとより、他行との経営統合や「自主廃業」を求めることも辞さない構えだ。月内にも改正案を公表。今夏にも大口融資先に破綻が生じた場合などを想定したストレステストを実施し、地銀の将来収益や財務の健全性の見通しなどの一斉点検に着手する。

 金融庁が監督指針の見直しに乗り出すのは、収益環境が厳しさを増す中でも経営の実態に見合わない株主への高額配当を続けたり、外債など有価証券の含み損処理やリストラを先送りし続けたりしている地銀が少なくないことへの「強い苛立ち」(関係者)がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る