信濃町「紺碧」休息と充足の提供こそが日本の喫茶店の基本

公開日: 更新日:

 友人が「注文した品の代金とは別に、滞在時間30分ごとに100円のタイムチャージが発生するお店がある」と教えてくれた。

 かつて取材した、似たようなシステムの店の経営者は若い起業家風の人だったから、「紺碧」でも同じような人に話を聞くものだと想像して、店のドアを開けた。

 応対してくれたのは今年68歳という中村直樹さん。タイムチャージは30年以上も前の1987年、店を開いてしばらくしてから導入した仕組みだと教えてくれた。

 店主の年齢も異なれば、導入理由も違った。若き起業家が言ったのは、「居心地が良くなければお客は来ないが、長居されると売り上げに響く。それならタイムチャージの方が理屈にかなっている」。

 一方、中村さんがタイムチャージを取り入れた経緯はこうだ。開店はバブル景気の真っただ中。当時は1杯1000円でも客が入る時代だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る