信濃町「紺碧」休息と充足の提供こそが日本の喫茶店の基本

公開日: 更新日:

 友人が「注文した品の代金とは別に、滞在時間30分ごとに100円のタイムチャージが発生するお店がある」と教えてくれた。

 かつて取材した、似たようなシステムの店の経営者は若い起業家風の人だったから、「紺碧」でも同じような人に話を聞くものだと想像して、店のドアを開けた。

 応対してくれたのは今年68歳という中村直樹さん。タイムチャージは30年以上も前の1987年、店を開いてしばらくしてから導入した仕組みだと教えてくれた。

 店主の年齢も異なれば、導入理由も違った。若き起業家が言ったのは、「居心地が良くなければお客は来ないが、長居されると売り上げに響く。それならタイムチャージの方が理屈にかなっている」。

 一方、中村さんがタイムチャージを取り入れた経緯はこうだ。開店はバブル景気の真っただ中。当時は1杯1000円でも客が入る時代だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る