溜池山王「シーザー」 大ボリュームで少なめの注文が殺到

公開日: 更新日:

 どの街でも大手コーヒーチェーン店が幅を利かせる時代に、オンリーワンの喫茶店やカフェがなぜ長生きで、繁盛し続けるのかを探る。それがこの企画の趣旨だ。

 港区にある溜池交差点の角にある小松ビルは建機大手コマツの本社。地下1階は「小松商店街」と名付けられている。その昔はラーメン屋や寿司屋など、いくつもの飲食店があったが、家賃が高いからなのか、すべて退去し、コマツの会議室になっている。当時から残る飲食店は「シーザー」だけ。まさに「小松ビルのオンリーワン店」だ。

 商店街で唯一繁盛を続ける理由は、1日に平均250食も出るというランチにある。メニューは6種類。日替わりランチはAとB、そしてハンバーグ、カレー、パスタ、リブロースステーキセットだ。9時から18時までの営業時間に来店する客の98%がこのメニューの中から選ぶのだが、そのボリュームは驚くよりほかにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る