藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

割安水準の「第一稀元素化学工業」を平成で買い令和で売る

公開日: 更新日:

 先週の東京株式市場は、海外株高・ドル高円安と外部環境が好調だったことから、堅調相場が続きました。外国人投資家が買いの主役で、トヨタ自動車が年初来高値を更新するなど、物色も広がっています。

 しかし、今週は27日(土)からの10連休前で、個人投資家はポジション調整の売りで、個人投資家好みの銘柄は上値が重くなりそうです。

 今回、紹介するのは、ジルコニウム化合物の世界トップメーカーである「第一稀元素化学工業」(4082、東証1部=投資金額約9万円)です。

 ジルコニウム化合物は、鉱石を分解し、精製されます。ジルコニウムは、熱や腐食に強い物質で、結合する物質、結晶構造が変わると性質が変わるため、非常に多様な性質を持っています。電子部品のコンデンサーの原料、自動車用触媒など、さまざまな用途に使われています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る