藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

割安水準の「第一稀元素化学工業」を平成で買い令和で売る

公開日: 更新日:

 先週の東京株式市場は、海外株高・ドル高円安と外部環境が好調だったことから、堅調相場が続きました。外国人投資家が買いの主役で、トヨタ自動車が年初来高値を更新するなど、物色も広がっています。

 しかし、今週は27日(土)からの10連休前で、個人投資家はポジション調整の売りで、個人投資家好みの銘柄は上値が重くなりそうです。

 今回、紹介するのは、ジルコニウム化合物の世界トップメーカーである「第一稀元素化学工業」(4082、東証1部=投資金額約9万円)です。

 ジルコニウム化合物は、鉱石を分解し、精製されます。ジルコニウムは、熱や腐食に強い物質で、結合する物質、結晶構造が変わると性質が変わるため、非常に多様な性質を持っています。電子部品のコンデンサーの原料、自動車用触媒など、さまざまな用途に使われています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る