藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

ITインフラ構築の大手「JBCC」は選択と集中で利益拡大へ

公開日: 更新日:

令和」になってから日経平均株価は、6日連続で下げました。米トランプ大統領のツイートから端を発した米中の関税引き上げ合戦が世界的なリスクオフを引き起こし、日本では円高・株安の展開となったからです。いったんはこの悪材料を織り込み、3月期決算企業の本決算発表も終了、今週は安値圏でのレンジ相場が継続しそうです。

 東京証券取引所での市場再編が話題になっています。現在は、東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックの4市場ですが、C市場(東証プレミアム)、A市場(東証スタンダード)、B市場(東証成長)の3つに再編されそうです。現在の東証1部市場の銘柄は、C市場とA市場に分かれることになります。その時、大きな数値基準になりそうなのが時価総額です。さまざまな報道では時価総額250億円が基準とされています。時価総額200億~300億円の企業は、生き残りをかけて株高戦略を取ってきそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る