中国“抜かずの宝刀”米国債大量売りで日本株に大暴落リスク

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争は中国の防戦一方に見える。トランプ大統領は、中国からのほぼすべての輸入品(約5500億ドル)に25%の制裁関税を課す方針だが、中国の米国からの輸入は1300億ドルに過ぎない。制裁関税のカード切れが迫り、追い詰められた中国が「抜かずの宝刀」を抜くのではないか――。そんな観測が出始めた。米国債の大量売却である。

  ◇  ◇  ◇

 中国は世界一の米国債保有国だ。保有額1兆1300億ドル(約124兆円=1月末時点)は、2位・日本の1兆700億ドル(約117兆円)をしのぐ。

「米国債の大量売りは、米国に露骨にケンカを売ることになり、中国にとっては抜きたくない“刀”です。ですから、最後の手段といえますが、効果はてきめんです。米国債は暴落し、金利が上昇します。米国の財政を苦しめ、何より、米国の景気に冷や水を浴びせることになります」(金融ジャーナリスト・小林佳樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

もっと見る