空前の自社株買いブーム 株価のカサ上げが招く不健全

公開日: 更新日:

 厚労省が7日発表した毎月勤労統計(速報値)によると、1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は、前年同月比0.1%減の27万7261円で4カ月連続のマイナスとなった。物価の影響を加味した実質賃金も1.1%減だった。一方、株式市場は空前の自社株買いブーム。企業の潤沢な内部留保は人への投資ではなく、株価カサ上げに使われているのだ。

 昨年度の自社株買いは6兆680億円と過去最高を更新したが、今年度はすでに3兆円を超え、昨年同時期比倍増ペースだ。4月以降、NTTドコモ(上限額3000億円=以下同)、ヤフー(5264億円)、トヨタ自動車(3000億円)、三菱商事(3000億円)、NTT(2500億円)、ソニー(2000億円)などドデカイ自社株買いが相次いでいる。

 自社株買いは、株主資本利益率(ROE)を向上させる上、市場に出回る株式数が減るので、1株当たりの価値を上げる。株価上昇をもたらし、株主は大喜びだ。きのうも、クレディセゾンが100億円を上限とする自社株買いの実施を発表すると、一時、前日比132円(11.3%)高の1304円まで急伸した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る