富士そばのメニューが市ケ谷駅の南と北でガラリと違う理由

公開日: 更新日:

 首都圏の主要駅周辺で、ほぼ24時間営業する立ち食いそばチェーン「富士そば」。店舗ごとに異なるメニューが用意されていることをご存じだろうか。「富士そば」では、各店舗の店長を筆頭に多くのスタッフが新メニュー開発に参画し、店舗限定メニューが次々に発売されている。

 たとえば、東京・JR市ケ谷駅には2店舗の富士そばがある。駅の北側、外堀通り沿いにある「富士そば市ヶ谷店」は、定番メニューが中心のラインアップ。ところが駅の南側に店を構える「市ヶ谷五番町店」では、イタリアンテイストの「トマトチーズかつ丼」やボリュームたっぷりの「肉玉海老そば」など、攻めの姿勢を感じさせるオリジナルメニューがずらり。

 この2店舗の違いは、新メニュー開発が街の特性を考慮しながら行われていることを端的に示している。

 というのも、市ヶ谷店がある外堀通り先のビル群の裏手には神社・仏閣などが多くあり、古くからの住宅地が広がる。このような街で求められるのは、鉄板の安心感だ。一方、市ヶ谷五番町店側の周辺には、大手テレビ局の分室や大学などが混在。トレンドに敏感な街を形成しており、ひとひねりしたメニューが好まれるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る