櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「ヨシムラ・フード・HD」M&Aで中小の食品会社を蘇らせる

公開日: 更新日:

 ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)に注目する。M&Aを通じた中小食品関連企業の再生が中核。設立以来、後継者難や事業再生が必要な中小食品会社の株式や事業を譲り受け、グループ規模の拡大を図ってきた。同社の「中小企業支援プラットフォーム」に参加することで、販路拡大、製造効率化、新商品開発、品質管理強化、経営管理の充実などが図られ課題を抱えた中小食品企業は蘇っている。

 言い換えればグループ会社を「機能別に統括」することで「相互補完・相互成長」を図る仕組みができているということだ。素晴らしい商品を作っているが、営業力が弱いために成長できない会社は、同社グループが持つ日本全国の販売網を生かすことで売り上げを伸ばすことが可能になる。

 また、営業力は強いが経営管理能力が低く、資金調達などにより成長できない会社は、同社が持つ経営管理ノウハウを活用することで経営を安定化させ、成長を再加速させることが可能になるという構図だ。中小食品会社の多くは、どこかに弱みがあり、それが制約となり成長できないケースが多いが、同社グループのプラットフォームを機能させ制約を取り除くことで成長が促進されるということだ。食品卸、中華、冷食、清酒、水産加工、製麺などそのフィールドは広い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る