杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

豪州に本社を置くソフトウェア関連「アトラシアン」を狙う

公開日: 更新日:

 アメリカ経済はISM製造業景況指数の悪化(8月が49・1ポイント、9月が47・8ポイントと、2009年6月以来の低水準)が物語っているように、徐々に“危険水域”に突入しつつある。これはやはり、米中貿易戦争(輸出不振)の影響だろう。

 これを受け、NY市場は高値波乱商状に陥っている。先週のNYダウは大幅安だ。チャート的には「崩れ足」との声がある。しかし、世界の投資マネーを吸引しているNY市場、NASDAQ(ナスダック)市場がこのまま終わるはずがない。必ず盛り返すだろう。

 それに、19年は企業業績の伸びが鈍化する見込みだが、ソフトウエア関連などは引き続いて好調だ。この分野のアメリカ企業は独自の技術力、ビジネスモデルを有する。これを武器にグローバルで活躍している企業が多い。“出生地”はアメリカ以外のケースもあるが……。特にIT企業に注目できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る