重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

「洋服の青山」赤字転落…紳士服チェーンは構造不況に突入

公開日: 更新日:

 少子化、団塊の世代の大量退職にオフィス衣料のカジュアル化……もはや、「構造不況業種」(市場関係者)と言ってもよかろう。紳士服量販店チェーンのことだ。

「洋服の青山」を展開する業界最大手、青山商事は先週8日、2020年3月期の最終損益が20億円の赤字(前期は57億円の黒字)に転落する見通しだと発表した。最終赤字は1964年の創業以来、初めて。

 コナカも19年9月期の最終赤字幅が前期の4・93億円から53億円に拡大。はるやまホールディングス(HD)とAOKIHDも20年3月期上期(19年4~9月)は揃って最終赤字を記録した。

 青山商事は当初、今3月期の営業利益を120億円(前期比18・0%減)、純利益を68億円(同18・8%増)と見込んでいた。それを8月に113億円、30億円にそれぞれ減額修正。今回、早くも2回目の下方修正を余儀なくされる形で、営業利益は前期比38・5%減の90億円にまで下振れ、最終損益は一転、水面下へと沈む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る