NIKEエアマックス 95を日本で売り1年で44億円を稼いだ男

公開日: 更新日:

 最近人気のスニーカーの代表格といえばナイキのAIR MAX95(エアマックス95)だろう。もちろん、1995年に発売されたものではなく復刻モデルだ。当時もエアマックス95は爆発的な人気で価格が高騰し、履いている人間を襲って奪う「エアマックス狩り」が起きるほど熱狂的人気だった。

 そんなエアマックス95をナイキの米国本社と個人契約して1年間で40億円以上も売った人物がいる。中谷昌文氏だ。中谷氏は近著の「ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?」(日本実業出版社)で、このときの様子を次のように書いている。

<渡米先で見たマイケル・ジョーダンの超人的なジャンプカに感激し、彼が指導に来るバスケットボール教室に入門したいと思いました。

 もともと、私は中京大学体育学部の出身で、バスケットボール部副主将を務め、全日本学生選抜選手に選ばれるなどバスケが大好きだったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る